多良木自動車学園には充実したプランがいっぱい

男性と女性

様々な種類がある

運転する女性

ボートや船の操縦を行なうには、船舶免許という資格が必要となります。船舶免許にはいくつか種類があり、種類によって操縦できる船も違いますのできちんと把握しておくことが大事です。船舶免許の種類は、大きく分けて4つあります。その種類は、一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士の湖川限定、特殊小型船舶操縦士といったものになります。それぞれの資格によって扱うことのできる機器や場所などが異なりますので、自分の目的に合わせて取得する免許を選ぶことが大事なのです。

船舶免許の中でも特にハイレベルな技術を必要とするのが、一級小型船舶操縦士です。この資格を取得することで、あらゆる船やボートを操縦することができるのです。大きい船から小さい船まで幅広く扱うことが可能となっていますので、一人前の船乗りになれることでしょう。また、この資格を取得すると操縦できる場所も限定されることはありません。どんな場所でも自由に船を乗りこなすことができますので、とても便利です。仕事で船を使う人や、趣味で船を操縦してみたいという人などでも様々な楽しみ方ができるようになりますので、ぜひ目指してみるといいでしょう。そのほか、二級小型船舶操縦士という資格は、船を操縦できる範囲がある程度決められています。あまり陸から遠い場所での操縦はできないようになっていますが、釣りなどのレジャースポーツを楽しみたい人にとっては申し分ないといえます。船舶免許には、このように種類によって様々な特徴がありますので理解しておきましょう。